徳島地域エネルギーとは

syadan_img01

 

 

 

 

 

 

一般社団法人徳島地域エネルギーは平成24年3月23日、徳島市において設立された再生可能エネルギーを社会へ普及させるためのコーディネート等を担う一般社団法人である。

本県で再生可能エネルギーを推進する団体としては、平成22年10月に設立された任意団体の徳島小水力利用推進協議会(小水力協)があり、これは上勝町長を会長として、関係市町村、県、県議、NPO等で構成されて、全国小水力利用推進協議会(全国小水協)の指導で、会員の会費により運営していた。平成23年に環境省により、再生可能エネルギー全般の地域主導型の検討を行う3年間の委託事業が公募され、「徳島県土地改良連合会」の案が全国7カ所のうちの1つとして採択された。この事業を実施する団体として、小水力利用推進協議会を中心に再生可能エネルギー関連会社、大学高専、自治体及び金融機関を加えて、「徳島再生可能エネルギー協議会(再エネ協)」を平成23年12月に設立し3つの部会(風力、太陽光部会、小水力部会、木質バイオマス部会)を設けて再生可能エネルギー全般に関する活動を開始した。

この環境省の委託事業は平成25年度末に終了するため、その後も再生可能エネルギーの事業家を支援する法人格を持つ団体として、環境省の指導により再エネ協の事務局やコーディネーターを中心に平成24年3月に設立されたのが、一般社団法人徳島地域エネルギーである。

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0