toggle
2017-10-31

森林作業研修とボイラー実務研修

林地残材搬出から燃料チップの製造と木質バイオマス熱利用の基礎と実機演習

徳島地域エネルギーは木質バイオマス熱利用に関する実務研修を行います。

 

12月5日(火)~6日(水)・・森林作業研修(林地残材搬出から燃料チップの製造)

12月7日(木)・・ボイラー実務研修(木質バイオマス熱利用の基礎と実機演習)

いずれかひとつの受講もできます。

研修場所:徳島地域エネルギー佐那河内ラボ(徳島県佐那河内村)

募集人数:12名

参加費:森林作業研修資料代1500円、ボイラー研修のみは無料です。

森林研修チラシ1205A_1

 

 

 

 

 

 

 

森林の樹木は光合成によって大気中の二酸化炭素を吸収・固定しており、燃やしても二酸化炭素濃度に影響しないとされていので、木質バイオマス燃料を石油系に代えることは有効な温暖化対策になります。また、木質バイオマス燃料は地域で生産され、地域で使用できるため、地域の活性化にも役立ちます。

この研修では、木質バイオマス利用と地球温暖化防止との関係を理解していただき、林地に放置されている未利用材をボイラー燃料にする体験を通じて、地域のエネルギー資源利用への取組みにつなげることをめざします。

詳細及びお申込みは添付のチラシをご覧ください。

 

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0
関連記事

コメントを書くにはログインが必要です

コメントを残す