toggle
2018-02-19

NHKスペシャル番組「脱炭素革命」の新シリーズについて

12月に放映されたNスペ「脱炭素革命の衝撃」の関連番組が2月26日から3回シリーズで放映されます。皆様、是非ご覧下さい!
(以下NHK関係者よりの情報です)

NHKでは、12月、脱炭素に向かう世界のビジネス界の動きを描いたNHKスペシャル「激変する世界ビジネス 脱炭素革命の衝撃」を放送。大きな反響がありました。このほど、この番組を企画する契機となったNHKワールドの3回シリーズ「Zero Carbon Ahead」を日本語化し、BS1で放送します。Nスペではご紹介していない脱炭素を巡る世界的企業の最新の動きを、別の角度からの編集でお伝えいたします。トランプ大統領のパリ協定脱退表明にもかかわらず世界のビジネス界は、今世紀後半に二酸化炭素の排出量を実質ゼロにする“脱炭素革命”に向け大激変し、その動きは加速しています。新産業革命ともいわれるビジネス界のパラダイムシフト、ぜひご覧ください。

2月26日(月)BS1 23:00
シリーズ 脱炭素革命  第1回 激変する金融ビジネス“石炭”からの投資撤退
パリ協定をきっかけに、ウォール街など世界の機関投資家の間では、石炭など化石燃料から投資を撤退する動きが加速。石油王ロックフェラーの一族のファンドも、いちはやく石炭からの投資撤退を決定。巨額の資金がESG投資と呼ばれる環境投資に流れ込む。一方、石炭依存を続ける日本に国際社会からの批判が強まる中、日本の年金基金GPIFもついに脱炭素に向けて動き始めた。世界の金融ビジネスの最前線を追う。

3月5日(月) BS1 23:00
シリーズ 脱炭素革命  第2回 激変する電力ビジネス 再生可能エネルギーへのシフト
世界では再生可能エネルギーの劇的な価格破壊により、急速に太陽光や風力発電へのシフトが進み、電力ビジネスそのものにも激変が起きている。ドイツの大手電力会社では、再エネがメインになり、天気予報を織り込んで安定的に送電する事業に注目が集まっている。さらには、グーグルなどと組んで新たな脱炭素ビジネスに乗り出す電力会社も登場。こうした潮流を先取りしているBMWやリコーなど世界的な企業の動きにも迫る。

3月12日(月)BS1 23:00
シリーズ 脱炭素革命  第3回 激変する世界ビジネス グローバル企業の挑戦
去年11月にボンで開かれたCOP23には、アメリカや中国をはじめ世界のビジネスマンが集結。グローバル企業の間では、省エネそのものをビジネスにすることや、再生可能エネルギー100%を目指す動きが進んでいる。「エコ文明」をめざす中国の太陽光の世界シェアトップのジンコソーラーや風力3位のゴールドウインド、そして世界最大の製造業GEや最大の消費財メーカーP&Gなどの現場を取材、富士通など日本企業の挑戦も伝える。

パリ協定(COP21)

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0
関連記事

コメントを書くにはログインが必要です

コメントを残す