toggle
2019-12-10

徳島県・上勝バイオの木質バイオマスボイラー 本格稼働

 

日ごとに寒さが厳しくなっています。皆様お変わりございませんか。

徳島県上勝町のシイタケ栽培施設「上勝バイオ」では、暖房用に出力 130 kw の木質バイオマスボイラーを設置しました。このボイラーは、従来の灯油ボイラーに代えて、二酸化炭素の排出がないとされる木質チップと木質ペレットの両方を切り替えて燃焼することができます。既に冬支度を済ませ、大活躍しています。

 
ETA 木質バイオマスボイラー 130 kW   左は蓄熱槽(熱湯を貯めます) 5,000L 2台

 
社員とともに使用法の確認をします。燃料庫:木質ペレットですが、チップも使えます。

上勝町にも晩秋の景色が広がってきました。今年はインフルエンザの流行が例年より早いようです。皆様もご健勝にお過ごしください。

 

コミュニティ・ハッピーボイラー「上勝編」

木質バイオマスボイラーを導入して二酸化炭素排出削減に取り組む、徳島県上勝町の第三セクター「株式会社上勝バイオ」の応援と、木質バイオマス熱利用の普及が目的です。
皆様から1口1万円のご寄付を頂き、株式会社上勝バイオを応援し、上勝バイオからは椎茸製品などをお礼としてお返しする計画です。また、一部は木質バイオマス熱利用の普及のために使わせて頂きたいと考えています。

目標金額として 100 万円を予定しており、12月6日現在、78 口のご寄付を頂いています。引き続き、ご寄付を受け付けておりますので、よろしくお願い致します。

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0
関連記事

コメントを書くにはログインが必要です

コメントを残す