資料(PDF)

2017-02-16
2月14日ドイツ再エネ研修の資料

2017年2月14日阿波銀ホールで開催した「再生可能エネルギーで地域再生 -ドイツと日本の先進事例に学ぶ 」

シンポジウムの資料を掲載します。無断転用や頒布を禁止します。タイトルをクリックしてダウンロード下さい。

 

1 【基調報告】ドイツの自然エネルギー施策  川又孝太郎さん

20170214kawamata

2 【基調講演】地域経済好循環につなげる秋田沖洋上風車事業 谷口信雄さん

20170214taniguchi

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

 

2017-01-16
2月14日はドイツの再エネ技術に関する研修会です

2016 年11 月に発効した地球温暖化防止に関するパリ協定で、日本は2030 年に26% 、2050 年には80%の温室効果ガス排出削減目標を提出しました。その実現のためには広範囲な再生可能エネルギー(再エネ)の活用が欠かせません。
近年 太陽光、水力、風力、バイオマス等、地域にある再エネの活用により、温暖化防止と共に、新たな雇用を創出し、地域の再生を図る動きが各地に生まれています。このシンポジウムでは再エネ利用の先進国ドイツ連邦共和国の各種再エネの活用と秋田県沖の事例を学び、徳島においてどのように活かせるかを考えます。2月14日(火曜日)です。ふるってご参加下さい。
講師は、在ドイツ日本大使館参事官(環境担当)の川又孝太郎様、いつも徳島をご支援いただいている東京大学先端科学技術研究センターの谷口信雄様です。
なお、今年はドイツニーダーザクセン州と徳島県が交流に関する協定を結んで10年目の記念すべき年にあたりますので、環境施策の先進国であるドイツとの交流は意義深いものと考えます。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

 

2016-10-21
平成28年度 森林実務研修のご案内

気候変動枠組み条約のパリ協定は日本の批准が済まない中で、第1回の会合が開かれようとしています。新たな協定を受けて日本全体では2030年に2013年比26%の二酸化炭素排出削減、特に家庭部門とその他部門(事務所等)では約40%の削減が求められており、更なる省エネルギーや再生可能エネルギーへの転換が必要となります。そのなかでも木質バイオマス熱利用は二酸化炭素排出削減対策の切り札として期待されています。

徳島地域エネルギーは地球環境基金の助成を得て、別紙のとおり木質バイオマス熱利用の一環として、林地残材搬出から燃料チップの製造までの森林実務研修を、手軽に扱える機械を使用して実施します。また、製造したチップの品質を試験とボイラーの実機燃焼で確認します。

詳細は末尾の案内をご覧下さい。

木質バイオマス熱利用に関心をお持ちの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

第 1 回 11月12日(土)~13日(日)   (10月31日締切)

第 2 回 12月1日(木)~2日(金)    (11月20日締切)

場 所   徳島地域エネルギー バイオマスラボ

徳島県名東郡佐那河内村上字仁井田100番地2

募集人数              各12名

参加費   無料 (事前にお申し込み下さい)

主催・申込先    一般社団法人 徳島地域エネルギー

 

メール又はファックスでお申し込み下さい。

Email Info@tene.jp  (@を小文字で)

Fax 088-624-8395

sinrinn-gazou

 

案内・申込書は下のリンクを押して下さい。

森林研修の案内パンフレット

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

 

2016-01-25
京都温暖化対策センター発表資料

京都温暖化センター発表資料(徳島地エネ)

パワーポイント資料は上記リンクからダウンロードしてください。

 

※無断転載はお控えください。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

 

2015-06-30
終了しました。(仮称)新府能下段小水力発電事業に関する調査及び概略設計委託業務の公募

終了しました。ありがとうございました。

平成27年6月30日

 (仮称)新府能下段小水力発電事業に関する調査及び概略設計委託業務の公募

一般社団法人徳島地域エネルギー

〇 業務名:(仮称)新府能下段小水力発電事業に関する調査及び概略設計業務

〇 業務箇所:徳島県名東郡佐那河内村上奥川股。(仮称)新府能下段小水力発電所基本計画(素案)に示す箇所を対象とする。

〇 履行期間:業務受託日から平成28年3月15日まで

〇 業務内容:

(1) 計画準備

(2) 現地踏査

(3) 流量観測

(4) 路線測量

(5) 小水力発電施設概略設計

(6) 報告書作成

詳細は仕様書に示します。

・仕様書は 別添1仕様書

・基本計画書は 添付書類1 (仮称)新府能下段小水力発電所 基本計画(素案)

・概略設計業務範囲の図は 添付書類2(仮称)新府能下段小水力発電所 概略設計業務範囲

 

〇 説明会: 平成27年7月6日(月)午後14時より、一般社団法人徳島地域エネルギーにおいて行います。参加は自由です。参加をご希望の社は、7月3日(金)17時までに、担当(森)にご連絡下さい。

 

〇 参加表明書: 郵送等による。 平成27年7月6日(月)17時必着

・参加表明書は 様式1 参加表明書

入札に参加する者に必要な資格等は以下のとおりです。

(1)徳島県内に事務所を有する法人であって、同種業務の受託実績があり、本業務を的確に遂行するに足りる能力を有する者であること。
 同種業務:小水力発電設備に関する検討・設計調査業務

(2)代表者又は役員等は、暴力団構成員ではなく、暴力団等との関係を持たない者であること。

 

〇 入札書: 郵送等による。 平成27年7月13日(月)17時必着

・入札書は 様式2 入札書

 

説明会に出席される方、及びご質問のある方は、担当(森)までご連絡下さい。

 

一般社団法人 徳島地域エネルギー

住所 〒770-0935 徳島県徳島市伊月町1-32 土地改良会館5F

電話 088-624-8375

電子メール saiene.tokushima@gmail.com

担当 森 英雄

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

 

2014-09-12
省エネ・エコメッセ2014

ecomesse

 

省エネ・エコメッセを7月6日ふれあい健康館で開催しました。

同日「とくしま県民節電所」が発足しました。

こちらから資料をご覧になれます→パンフレット(PDF)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

 

2014-09-12
コミュニティハッピーソーラーのご案内

happy_img01

 

太陽光、風力、水力等の再生可能エネルギーは、気候変動(地球温暖化)への影響が小さく、枯渇の恐れもないことから、社会の持続的な発展に欠かせないものです。

私たち一般社団法人徳島地域エネルギーは、人口減少や高齢化社会に直面しながらも、ふるさとの自然を守り、社会と産業を維持・振興しようと頑張っている中山間地域や漁村の人たちを応援するため、コミュニティハッピーソーラーの事業を提案します。

こちらから資料をご覧になれます→パンフレット(PDF)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

 

2014-09-12
海のソーラー牟岐

syadan_img01

 

『海のソーラー牟岐』は、皆様からのご寄付で、牟岐町の施設や町有地をお借りして太陽光発電所を建設し、その発電した利益を地元に還元し、地域の振興を図ります。
皆様のご寄付が、20年間牟岐のために大きく活かされます。

第1期事業(旧小学校屋上)が6月2日に発電開始しました

こちらから資料をご覧になれます→パンフレット(PDF)

現在、

一期工事 旧牟岐小学校屋上(40kW)が工事完成し、発電開始しました。
二期工事 古牟岐町有地(48kW)が現在工事中です。

寄付金は、まだ100口空きがあります。平成26年12月末日まで、募集中です。
こちらから寄付申込書をダウンロードし、FAX等でお送り下さい。→寄付申込書(PDF)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

 

2014-09-12
佐那河内みつばちソーラー発電所

syadan_img03

 

平成26年3月28日佐那河内みつばちソーラー発電所が系統連系が完了し、発電(売電)を開始しました。

こちらから資料をご覧になれます→パンフレット(PDF)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+